プロフィール

whitemarine

Author:whitemarine
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本様、ありがとうございました。

2013-01-29山本様
山本様

お寒い中この度はカントリーイン ザ ホワイトマリーンにご宿泊をいただき
ありがとうございました。

無事お帰りになられましたでしょうか。

前菜、パスタ、お魚料理、お肉料理、デザートのフルコースのグルメプランでの
ご宿泊でした。

前菜は鯛、鯒(こち)、平目、かんぱち、蛸、平貝、小鯵、〆このしろ、海老を
使ったサラダ仕立てのカルパッチョでした。

パスタはイカ墨のスパゲッティと海老とタリアッテレのクリームソースをチョイス
していただきました。

お魚料理は真げた(舌平目)の香草風味オーブン焼き。

お肉料理は地産牛サーロインのステーキ小豆島風。

デザートは4品とフルーツの盛り合わせでした。

お帰りの日はお天気もよく風もなくよかったですね。

お写真を撮らせていただいた時お子様がポーズをして「チーズ」と言っていたのが
可愛くて微笑ませていただきました。

今度は暖かい季節にお越しをいただきお車の上にのせていたカヤックで小豆島の
海をお楽しみください。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

スマイルズ様、ありがとうございました。

スマイルズ様、ありがとうございました。
この度はおばあちゃん、お母さん、お嬢様の女性三世代でカントリーイン ザ ホワイトマリーンに
ご宿泊いただきありがとうございました。

お食事のあとお母様とは時間が経つのも忘れお話をさせていただきました。
お母様は何事にもご関心をもたれよくお勉強をされ、いろいろとお教えいただき
ありがとうございました。

お母様もお嬢様も大きな夢をお持ちだとお伺いをしました。
夢をお持ちでしたらそれに向けて努力をされると思いますので
絶対実現しますよ。

今回のご旅行では私どもにとっては勝手ながら時間が全然足りませんでした。
また次回はゆっくりとお話をお伺いできましたら嬉しく思います。
その日を楽しみにしております。

おばあちゃん、いつまでもお元気でいてくださいね。

ありがとうございました。



岩崎様、ありがとうございました。

この度はありがとうございました。
当日お電話で、お母様とお嬢様お二人のご予約をいただきありがとうございました。

お食事の後、お話好きなお母様とお話がはずみました。
お母様のお住まいのところが私の従姉の旦那さんの出身地と同じだったり
お嬢様の現在お住まいのところの近くに私も昔住んでいたことがあったりして
なんとなくご縁があってお泊りにお越しをいただいたのかなーと、嬉しくなった
次第です。

私の若い頃は舟木一夫、三田明、西郷輝彦の時代でお母様の若い頃は郷ひろみの時代、
少し私より若いお母様でしたが、共通の話題もたくさんあり楽しいひと時を過ごさせて
いただきました。

トランペットを吹いてとリクエストをいただきましたがもう4年近く吹いていないので
お断りして申し訳ございませんでした。

また、お会いできる日を楽しみにしております。

ありがとうございました。




橘さん、ありがとうございました。

橘さん、ありがとうございました。
いつもお世話になっております。

昨年の4月に3名様でお越しをいただきまたこの度、12月14日にはお友達をお誘いいただき
5名様でお越しをいただきありがとうございました。

皆様のお顔を拝見しているだけで気持ちが若返ります。

できることならもう一度皆様ぐらいの歳に戻り人生をやりなおせればいいのですが。

これからも何かと皆様にお世話になるとは思いますがよろしくお願い致します。

このところ寒いですのでくれぐれも風邪等ひきませんようご自愛くださいませ。

ありがとうございました。

    カントリーイン ザ ホワイトマリーン     浜口 雅寛

河合様 ありがとうございました。

K親子様 ありがとうございました。

K様、お母様とのご旅行でカントリーイン ザ ホワイトマリーンに
グルメプランでのご宿泊をいただきありがとうございました。

前菜の海老、蛸、鰆、すずき等のカルパッチョ、活きがよかったと思います。

いつもお魚料理は鯛の香草風味オーブン焼きをお出しをするのですが
ご宿泊をいただいた日はカワハギの香草風味のオーブン焼きにさせていただきました。

例年、この時期の魚料理はカワハギを使うのですが、肝(内臓)まできれいにとってしまい使って
おりました。

今年は肝をつけた状態で調理をさせていただき
K様より「肝のないカワハギなんて食べたくない」というお言葉をいただき
肝も残していてよかったと思ってる次第です。

ワインもスパークリングワインから始まり、白の辛口、赤ワインとたくさんにお飲みを
いただきありがとうございました。

またご機会がございましたらのんびりとお過ごしにお越し下さいませ。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。